車椅子の種類には通常生活用、介護用、電動式のタイプと様々

スポンサードリンク

車椅子種類には通常生活する用のものや、介護用のもの、
電動式のものといったように様々なものがあり、パラリンピック
テニス世界一に輝いている日本人選手・国枝信吾さんが使用して
いるタイプは車輪が斜めについている特殊なものです。

なぜパラリンピックはオリンピックのように盛り上がらないのか不思議ですが、これだけ素晴らしいテニスプレイヤーが日本にいることを
もう少し多くの人々が知っていても良いのではないかと思いました。
私自身、国枝選手の存在をテレビで見るまで知らなかったのですが、通常のプレイヤーよりも何倍も努力して困難を乗り越えている選手ですから、そのスゴさが分かるでしょう。

スポーツ用の車椅子は車輪が斜めについていて、横幅が大きく
なっているのが特徴です。素早く移動できるような設計になっており、バスケットなどでも使用される種類のものではないかと思います。


車椅子はハンディを持った人の日常の足となり、それまで諦めていた世界への扉を開いてくれるツールでもあるようです。
そんな車椅子の種類には先に書いたとおり、様々な種類があります。

通常の生活をする際に使うタイプはタイヤの外側についているハンドリムをにぎり自分で動かすものです。
車椅子の種類
の中でも「普通」タイプのものには、更に細かい種類があり、車を運転する際には折りたたみ可能なものが
選ばれるようです。

車椅子
種類には他にも片手でこぐタイプや、足でこぐもの、スポーツ用など様々あり、自分に合ったものを選べるようです。
また、介護用のものは介助者に押してもらうタイプのものになります。
後ろにハンドルがついているので、介助者が押して移動させることのできる車椅子です。
そのほとんどは16インチくらいの小さめの車輪がついており、介助者がスピードコントロールするための
ハンドルについたブレーキが特徴
です。

SPONSORED LINK


電動車椅子は高性能で軽量化の種類が増えています

電動車椅子は手元のレバーを操作して移動でき、街中でも時々みかけるタイプですが、複数のハンディを持つ人でも
簡単に操作でき移動も楽なのが特徴のようです。 電動車椅子はバッテリーを取り外しできるユニット型や、大容量
バッテリーがついた普通型、階段を上る機能付きのものなどがあり、電動でもエンジンを積んでいないので歩行者と
同じ6km/h未満の時速となっています。

今では改良が進み、以前のような重く遅いものではなく、高性能で軽量化の種類が増えています。
車椅子の種類は様々ありますが、乗用車で移動する際には、やはり折りたたみができたり、
また少しでも軽量なものの方が選ばれているようです。

スポンサードリンク